時間がなくても大丈夫 出汁のとり方~煮出し~

煮出しの「一番出汁」「二番出汁」と聞くと、難しそうと思われがちですが、どちらも昆布と鰹節を使った煮出しなので、意外と簡単で保存ができるお出汁なのです。
上品な味が楽しめ、煮干しの出汁は味や香りが強いので味噌汁やお雑煮に。
一番出汁、二番出汁、煮干出汁のとり方をご紹介しますので、気軽に始めてみませんか。

◆一番出汁のとり方
材料
・出汁用昆布 20g
・鰹節 20g
・水 1ℓ
➀硬く絞った布巾で昆布の表面をさっと拭きます。
➁鍋に水と昆布を入れ約30分浸しておきます。
➂鍋を中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出します。取り出すタイミングは鍋の底に小さな泡が出て来たらOKです。
➃鰹節を加え、沸騰したらすぐに火を止め、灰汁(あく)をすくって取り除きます。
➄鰹節が沈むまでかき混ぜずに待ち、布巾などでこします。

◆二番出汁のとり方
材料
・一番出汁で取った後の昆布と鰹節
・鰹(追い鰹) 10g
・水 1ℓ
➀鍋に水と一番出汁で使った昆布と鰹節を入れ、強火にかけます。
➁沸騰したら、弱火で10分ほど煮て、鰹節(追い鰹)を入れて火を止めます。
➂灰汁(あく)をとり、鰹節が沈むまで待ち、布巾などで漉します。

◆煮干出汁のとり方
材料
・煮干し 20g
・水 1ℓ
➀煮干しの頭とお腹を取ります。時短するときはそのままで入れることも。
➁鍋に水と煮干しを入れ、30分程浸しておきます。
➂鍋を火にかけ沸騰したら、灰汁(あく)を取り2~3分煮ます。
➃布巾などで漉します。
鰹節と同じように昆布と合わせてもおいしくなります。このように組み合わせて煮出しを取るほうが、味の相乗効果で何倍にも旨みがアップします。

毎日の料理に欠かせないお出汁。出汁の味そのものが良く分かるお吸い物や茶碗蒸し、お雑煮などがおススメ。豊潤な旨みとコクは、化学調味料では味わえないものであり、決して難しくありません。ひと手間かける手作りお出汁で、ワンランク上の味を楽しみませんか?

いいこといっぱい!お出汁をとるメリット

天然素材からお出汁をとるのは、コストが掛かるし何より面倒!なんて思っていませんか?
ですが、天然素材のお出汁は味だけではなく、いいことがたくさんあるのです。そこで、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

◆自然に減塩ができる
天然素材でお出汁をとると、食材本来の味を生かすことができるので、塩・醤油・砂糖などの調味料の使用量が少なくて済み、家計にもやさしいのです。気になる高血圧などの生活習慣病の予防にもなりますよ。

◆世界で注目の「旨み」
天然の素材だからこそ味わえる、「旨み」。旨み調味料は一本調子の濃い味ですが、天然のお出汁は幅も奥行きもあり、口の中に余韻が残る「旨み」を堪能することができるのです。

◆栄養分が摂れてサプリいらず
鰹節のイノシン酸は旨み成分ですが、基礎代謝をするためには、なくてはならない成分です。煮干しはカルシウムが豊富、昆布はフコイダンが摂れることなど、サプリを飲まなくて大丈夫。

◆「出汁がら」もおいしい
お出汁をとったあとの昆布や鰹節、煮干しなどは、ふりかけや佃煮にして美味しく食べられます。栄養たっぷりなので、「出しがら」でもまるごと食べることで健康に良い食事ができます。

◆外食より手作りの家庭料理
天然素材のお出汁は「コストが掛かる」「手間がかかる」など、なかなか手を出しづらいですよね。
しかし、しっかりお出汁をとって作った手料理の方が、プロの料理人の味にも引けを取りません。

◆味覚が育まれる
赤ちゃんの味覚は大人の2倍以上とも。赤ちゃんの頃から濃い味付けや香辛料の強いものばかり食べていると、白米やお出汁を美味しいと思える味覚が育ちにくいようです。
基本のお出汁になれて育った赤ちゃんは、味覚をきちんと分かり一生の宝物になります。

お出汁を面倒に思うなら、空き瓶やタッパーなどに水と煮干や昆布、または干し椎茸を入れて、冷蔵庫に入れて置くだけでも翌日にさっとお料理に取り掛かれます。
とっても気軽にできるので、お出汁初心者の方にはおススメです。

一番カンタン 出汁のとり方~水出し~

お出汁をとりたいけどけど面倒と思っていませんか?実は簡単なんです!
作り置きも出来ていつでもすぐに使えるので、味噌汁や煮物などの和食だけでなく、カレーなどの隠し味にも合います。
ここでは、昆布と煮干しを水につけるだけ、とっても簡単なお出汁の水出し方法をご紹介。

◆昆布出汁の作り方
出汁昆布用と表記されているものには、真昆布・羅臼昆布・利尻昆布・日高昆布などがあります。煮昆布用と表示のものは、お出汁に向いていないので出汁昆布用と表記されているものを使用してください。
材料
・出汁用昆布 10~20g程度(5cm角で2g)
・水 1ℓ~1.5ℓ
・空き瓶や麦茶用の容器
作り方
➀昆布を適当な大きさに切ります。その際、昆布は絶対に洗わないでください!固く絞
った布巾で昆布の表面をさっと拭きます。
表面に付いている白い粉は旨み成分(マンニット)なので、拭き取らないように注意。
そのまま、昆布を入れてもいいですが大きく膨らむので、3cm角前後に切ると、取り扱いに便利。また、3mm前後の細切りにすると、たくさんお出汁がでます。
➁容器に水を注ぎ、昆布を一晩漬ければ出来上がりです。
お急ぎの方はお鍋に水と昆布を30分漬けてからコンロで火にかけても大丈夫。
➂翌朝にはお味噌汁のお出汁に、夜には煮物のお出汁にと大活躍。
冷蔵庫保存で1週間が目安。なるべく早く使い切るようにしましょう。

◆煮干し出汁の作り方
材料
・煮干し 25g程度
・水 1ℓ
・空き瓶や麦茶用の容器
作り方
➀煮干しは頭を取り、大きい場合は半分に割って内臓を取り除くとえぐみが出るのを少なくします。
➁容器に煮干しを入れて、水を注ぎ一晩漬けておくだけです。お急ぎの方は2~3時間漬けておくだけで大丈夫。
➂翌朝に煮干しを取り出してください。
痛みやすいので、冷蔵庫保存で2日間が目安です。


昆布や煮干しは旨み成分タップリ。体にも昆布はアルギン酸やフコイダン、煮干しはカルシウム豊富なので健康的、ぜひ今晩からでも挑戦してみませんか。