時間がなくても大丈夫 出汁のとり方~煮出し~


煮出しの「一番出汁」「二番出汁」と聞くと、難しそうと思われがちですが、どちらも昆布と鰹節を使った煮出しなので、意外と簡単で保存ができるお出汁なのです。
上品な味が楽しめ、煮干しの出汁は味や香りが強いので味噌汁やお雑煮に。
一番出汁、二番出汁、煮干出汁のとり方をご紹介しますので、気軽に始めてみませんか。

◆一番出汁のとり方
材料
・出汁用昆布 20g
・鰹節 20g
・水 1ℓ
➀硬く絞った布巾で昆布の表面をさっと拭きます。
➁鍋に水と昆布を入れ約30分浸しておきます。
➂鍋を中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出します。取り出すタイミングは鍋の底に小さな泡が出て来たらOKです。
➃鰹節を加え、沸騰したらすぐに火を止め、灰汁(あく)をすくって取り除きます。
➄鰹節が沈むまでかき混ぜずに待ち、布巾などでこします。

◆二番出汁のとり方
材料
・一番出汁で取った後の昆布と鰹節
・鰹(追い鰹) 10g
・水 1ℓ
➀鍋に水と一番出汁で使った昆布と鰹節を入れ、強火にかけます。
➁沸騰したら、弱火で10分ほど煮て、鰹節(追い鰹)を入れて火を止めます。
➂灰汁(あく)をとり、鰹節が沈むまで待ち、布巾などで漉します。

◆煮干出汁のとり方
材料
・煮干し 20g
・水 1ℓ
➀煮干しの頭とお腹を取ります。時短するときはそのままで入れることも。
➁鍋に水と煮干しを入れ、30分程浸しておきます。
➂鍋を火にかけ沸騰したら、灰汁(あく)を取り2~3分煮ます。
➃布巾などで漉します。
鰹節と同じように昆布と合わせてもおいしくなります。このように組み合わせて煮出しを取るほうが、味の相乗効果で何倍にも旨みがアップします。

毎日の料理に欠かせないお出汁。出汁の味そのものが良く分かるお吸い物や茶碗蒸し、お雑煮などがおススメ。豊潤な旨みとコクは、化学調味料では味わえないものであり、決して難しくありません。ひと手間かける手作りお出汁で、ワンランク上の味を楽しみませんか?