基本はこれだけ!お出汁の種類


料理の旨味の大きな決め手にもなるお出汁。
お出汁の種類っていったいどんなものがどれだけあるか知っていますか?
一言にお出汁と言っても様々な種類や特徴があるのです。今回は、お出汁の基本的な種類とお出汁ごとに合う料理をご紹介します。
◆お出汁の素材の種類
①かつお節などの節類
節類には、「鰹節」「さば節」「むろあじ節」「まぐろ節」「いわし節」などがあります。
②昆布類
代表的なものとして、真昆布、日高昆布、利尻昆布、羅臼昆布があります。

③煮干し
煮干しは2つに分けられ、「煮干しイワシ」と、もう1つは「魚介類を煮沸し乾
燥した商品の総称」です。
鯛や貝柱(ホタテガイ・イタヤガイなど)、干しエビなども含まれます。
〇煮干しイワシ
煮干イワシの種類もいろいろあり、「片口煮干し」「平子煮干し」「うるめ煮干し」「あ
ご煮干し」「あじ煮干し」などがあります。
〇鯛煮干し
甘みのあるすっきりしたお出汁が取れます。

④干し椎茸
干し椎茸には、「冬子(どんこ)」と「香信(こうしん)」の2種類あり、傘の厚みによって分けられます。

◆お出汁の種類ごとに、合う料理をご紹介
➀鰹節と昆布を合わせて取る「一番出汁」
お吸い物や薄味の煮物、茶碗蒸しなどが良く合い、魚臭さがなく上品な仕上がりになり
ます。
➁一番出汁で使った鰹節と昆布と、追い鰹節で取る「二番出汁」
味噌汁や煮物に多く使われます。
➂昆布出汁
鰹節など他の素材と合わせ出汁にすることが多いのですが、精進料理やすし飯などに使われます。
➃煮干しイワシ
安価なので、味噌汁や煮物・炊き込みご飯など多くのご家庭で使われています。
➄干し椎茸
昆布出汁と同様に精進料理によく使われ、炊き込みご飯や麺つゆに使われます。

旨味を味わえるのはもちろんのこと、減塩効果もあり栄養も取れる体にとても優しいお出汁。お出汁ごとに合う料理もそれぞれなので、その違いを楽しめるのもお出汁のいいところですね。